一戸建て住宅はなぜいいの?

一戸建ての良い点

夢のマイホームを考えた時、一戸建て住宅とマンションで悩まれたり、夫婦の価値観により意見が割れてしまう事もあります。どうして、そのようなことが起こるのでしょうか。

マンションは、集合住宅であるがゆえに周りの家への配慮が必要となります。さらに、マンションによっては1F居住区には庭がある事もありますが、上層階からの落下物や物音が気になったりするため敬遠される方もいます。しかし、マンションという性質上立地条件や防犯にこだわり建てられていたり、設備においてはマンションであるから24時間ゴミを出せるところや家の前にごみを置いておくと回収してくれるサービスを行っている場所もあり善し悪しです。

それならば一戸建て住宅はどうかといえば、真上や真横に他人が住んでいるマンションなどと異なり、自分の敷地内であれば近所迷惑にならない範囲で家の中も外も思い通りにできる魅力があります。しかし、最寄駅から近い場所になると狭くなってしまったり、道路に対しての向きによっては光の取り入れ方が難しくなったりという問題も発生することもあります。

さらに、資産的な価値を求めるのならば場所によりマンションは築年数によりその価値は変わってきますが、土地がある分一戸建て住宅の方が利用価値の点から築年数がたっていても高い資産価値が望めます。このように、資産価値の点や自由度などの良い点のある一戸建て住宅は、理想の家づくりを行えるため人気があります。